ノウハウ伝授!スーパーボールすくいの運営の方法

やるのは簡単だけど、開催する側になると迷いますよね。子ども会や町内会、児童館、地域のお祭り関係の方からよく質問を受ける「スーパーボールのやり方」について教えます!

  • プレイ回数について
  • スタッフの人数
  • プレイヤーの人数
  • 予算について を考えていきましょう

1 プレーヤー(お客様)がスーパーボールすくいをする回数を決めましょう

1人3回が目安です。
ということは、50人あつまれば 50×3=150回となるわけです。
この数字を目安にして「ポイ(グッピーちゃん)」の数を用意しましょう。150個が目安となりますが少し余裕を見た方が「とれんかった~」と泣く子をへらす工夫となりますね(^^;

2 運営スタッフの人数は?

自分ひとりしかいない場合は、一度に2名から4名のプレーヤー(お客様)で対応しましょう。

3 プレーヤーの人数はどれくらいみたらいい?

来店客の数は判断しにくですよね。その場合、できるだけ早めに把握したい場合は、事前に「プレイ券」を用意して発行・手渡ししましょう。子ども会やPTA関係お祭りはこの方法を取られているところも多いようです。

4 予算はどれくらい?

プレイ回数がなんとなくわかったとします。(たとえば 150回)
そこから1回のプレイ金額を決めましょう。

例)1回100円とした場合は・・・
150回×100円=15000円 の売上げ予測になりますね。
ポイが 150個×15円=2250円 となるので
スーパーボールに使える予算は、15000円ー2250円=12750円です

冨士屋玩具のお勧めは・・・

■ベーシック22mm500個
2600円×1セット= 2600円(すくい用&交換用)
■くまちゃん 27mm 50個
800円×1セット=  800円 (交換用)
■透明ラメ 27mm  50個
800円×1セット=  800円 (交換用)
■マウスフェイス35mm 25個
1000円×1セット= 1000円 (交換用)
■デラックス 32mm 50個
1700円×1セット= 1700円 (交換用)
■金魚フィギュア入45mm 12個
800円×1セット= 800円 (交換用)

上記の総数で、スーパーボール 687個
(交換用として 187個を含む)
スーパーボールの原価が7700円。

全体の原価が ポイ2250円+ボール7700円=9950円。
予想売上は 15000円だから ー9950円で
売上げ利益は 5050円となります。

よくわかんない…!という方は、お電話またはメールください。運営のプロの藤井のおじちゃんが詳しく説明します。

冨士屋玩具へのアクセス&駐車場

冨士屋玩具は福井市のど真ん中!に、ちょこんとあります。

社名・屋号 冨士屋玩具(ふじやがんぐ)
店長 藤井繁広
所在地 福井県福井市順化1-13-19
連絡先 TEL:0776-22-3844
FAX:0776-58-2210
Email:fujiya-toy@nifty.com (店長・藤井まで)

▼周辺地図

「ホテルフジタ福井」または「福井銀行本店」を目印にお越しください。

JR福井駅から、徒歩10分です。

▼駐車場

申し訳ありませんが、冨士屋玩具には駐車場のご用意がございません。おそれいりますがお近くのコインパーキングをご利用いただけますようお願い申し上げます。

右の丸のあたりにコインパーキングがあります。徒歩3分ほどです。

お正月遊びの景品にぴったり。冨士屋のえんにちセット。

昔遊びのアイテムを得意とする冨士屋玩具には「こんなのできる?」という相談があります。そのひとつが「昔遊びグッズ」の詰め合わせ。そんなこんなで人気のアイテムをえんにちセットとしてご用意しました。

クリックすると拡大します

こちら旅館や民宿の方から引き合いがあります。お正月に宿泊に来られたお客様向けに行う、くじびきや小さなえんにちコーナーでの景品にする方も多いようです。

内容 3アイテム入り
・紙風船
・ピーひょろろ(ストローで吹くと延びるタイプ)
・テーブル相撲(お相撲こまセット)5力士入り

価格
価格は数や量によって勉強させていただきます!

最低注文数
1セットから

アイテムにご希望のある方はご相談のります。
価格とアイテムを組み合わせてオリジナルセットを作ることもできます(#^^#)

ご注文方法
冨士屋玩具までお電話またはメールにてご希望お知らせください。