こま回しの秘訣を教えます。第一弾「ひもかけ」編

初めてこまを手にした時 どうしたらいいかわからないですね

近くに独楽名人やこま回しが得意な人がたくさんいれば問題ないのですが・・・

では 初めてこまを回す時は こういう風にしてみましょう

【 ひもかけの説明 】

(1)こまひもに 結び目を作る 一つは固結び 一方は輪っか結びです

(2)こまの芯に 輪っか結びの輪を通してひっかけます

(3)次に 下の芯にひもを3回かけるのですが とっても強く力を入れてください

(4)ここまで出来たら「おなか」の部分にひもをかけていきます

右ききの人は 時計回りにひもをかけます

左利きの人は時計と反対回りでひもをかけます

するとちょうどのところでひもがなくなるかと思います

(当店では ちょうどになるようにひもの長さを調整して附属しています)

(5)もう一方の結び目がきますので それを小指と薬指の間にひっかけ

こまを親指と人差し指で持ちます

(6)いよいよ 独楽(こま)を回すのですが 右手を振り上げるように構えて

右肩を中心にして振り子のようにこまを送り出します

はじめは ただ単に送り出す感じをつかんください

それだけです それでは繰り返し繰り返し 5回ほど練習してみてくださいね

 

くじ引きで遊びましょう

昭和という昔は 近所に駄菓子屋さんがたくさんありました

その駄菓子屋さんでは 少ないおこずかいでも十分に楽しむことができて

毎日毎日自分一人でも 友達と一緒でもかよっていました また学習塾の帰りや そろばん塾や習字の塾の帰りでも立ち寄っていました

その時に 一番ワクワクしたのが 「くじ引き」でした。「もしかしたら大当たりが出るかもしれない?」と夢見るわけです 大当たりがでたら 日ごろゲットできないようなおもちゃが当たるわけですから とっても嬉しいわけですよ!

 今でも現役のスーパーボールくじ引きです

夢中になると 何回も何回も繰り返ししたものでした

さて・・・近年では そんな駄菓子屋もなくなってしまい そう簡単には「くじ引き」はできなくなってしまいました そう40代の人が駄菓子屋を体験できた最後の世代かもしれません

という訳で 若い人たちや子供たちに 自分たちの体験をしてもらおうと 町内会等のイベントの代表的な 春祭り・夏祭り・秋祭りに開催していただいています

射的遊び

とりあえず 射的で遊んでみましょう

昔からのコルクの弾を使う射的です

打つときに出る「ポン」という音が懐かしく感じる方も多いと思います

的は このような物を用意してみましょう

 ミニミニ消しゴムカプセル

 ミニカーカプセル

 ミニミニスーパーボールカプセル

直径が5cmほどのカプセルなので 比較的簡単な的になるでしょう

実際に売ってみましょう

いかがです?楽しめました? 的を机の上に並べただけでは ちょっと違和感がありますね

では こんな台座を用意して この棚に的を並べてみましょう

【準備中】

ありゃりゃ 先ほどより立体的になって より楽しむことができるようになりました

さあ どんどん的を落として点数を稼いでください

【 第2部 ルール作り 】

一般的には 落ちた的に対して景品と交換するのがルールですね

射的の遊びの楽しさと 面白そうな景品のWの魅力攻撃で子供たちを喜ばせましょう

 

でも それだとたくさん景品を用意しないといけないので予算も大変になります

なので 点数制にしてみましょう

今度は 点数とからませて景品を用意してみます

最初は 平均的な単価の景品をたくさん用意すると

「ああ これだと 僕でも 私でも できそう・・・」と思ってくれますよ

とりあえず このまま「たくさん落ちるかもしれない」と思っていただいて 射的をいうイベントを楽しんでもらうように工夫をします

まあ こんな風に 毎年、企画を立案しています

数人から 数十人のイベントも安心してお問い合わせくださいませ
予算や参加人数に合わせて対応させていただきますし
また イベント開催時間にも合うようにご提案させていただきます
ということで 少しでも気がかりなどございましたら
お気軽にお問合せくださいませ