「ビニールヨーヨーつり」「フィギュアすくい」の準備と遊ばせ方

保育園や幼稚園、PTA関係、町内のお祭りで、「子どもゲーム」の担当になったお父さんやお母さんに向けて、“準備の仕方”、“遊ばせ方”をお伝えします。

(1)プレイ回数を決めましょう

100回、200回という、プレイ回数の基準を決めましょう。
200回の場合は2倍に、50回の場合は半分で基本的な商品を組み合わせます。

(2)基本セットを用意する

冨士屋玩具おすすめ基本セット(例)
アニマルヨーヨー25個×4
フィギュア4種セット50個×2
つりセット×1
専用ポンプ×2
ポイ(グッピーちゃん)100個
専用袋 100枚×1
作り方は専用のページをご覧ください

(3)桶に浮かべる
桶を用意して商品を浮かべましょう。未満児が多い時はビニール製を避けて、セメント用こね桶がおすすめです。もちろん水をいれてね。

(4)料金を決めましょう
基本セット÷回数(100回)=原価(@)

(例)100円以上だったら 200円くらい
(例)100円以下だったら 100円くらい

(5)原価計算
儲けを出すか出さないか?をベースにして景品として何個渡すかを設定する
(例)原価が 50円以下だったら2個まで
(例)原価が 100円以下だったら1個くらい

(6)イベント実行
1度に 何人までプレイが可能か想定しましょう。
・係員の人数を設定する
・実行の時間割を決める(タイムテーブル)
・開始時間と終了時間の設定
(例)基本一人で対応可能な状態がいいと思います
(例)雨の日の対策もしておきましょう

(7)お客様対応
いつものお客様と一般のお客様とのサービスの度合いを、のほほんと決めましょう。経験ですが、親と子供の場合は比較的時間に余裕がなく、おじいちゃんや おばあちゃんと孫の時は、比較的時間に余裕があるとみていいいです。

あくまでイベントはサービスとして考えてルールはできるだけ簡素化しましょう!
(例)小学生5年の女の子が理解できる程度のルール。またはその子がお手伝いしやすいルールを作る
(例)必ず景品は1個もらえるから安心して遊んでね、と声かけをする

ヨーヨーつり、フィギュアつり、保育園や児童館、PTAのお祭りでやってみたいという方。効率的な方法を教えますので、いつでも藤井のおじちゃんに連絡をください。

ノウハウ伝授!スーパーボールすくいの運営の方法

やるのは簡単だけど、開催する側になると迷いますよね。子ども会や町内会、児童館、地域のお祭り関係の方からよく質問を受ける「スーパーボールのやり方」について教えます!

  • プレイ回数について
  • スタッフの人数
  • プレイヤーの人数
  • 予算について を考えていきましょう

1 プレーヤー(お客様)がスーパーボールすくいをする回数を決めましょう

1人3回が目安です。
ということは、50人あつまれば 50×3=150回となるわけです。
この数字を目安にして「ポイ(グッピーちゃん)」の数を用意しましょう。150個が目安となりますが少し余裕を見た方が「とれんかった~」と泣く子をへらす工夫となりますね(^^;

2 運営スタッフの人数は?

自分ひとりしかいない場合は、一度に2名から4名のプレーヤー(お客様)で対応しましょう。

3 プレーヤーの人数はどれくらいみたらいい?

来店客の数は判断しにくですよね。その場合、できるだけ早めに把握したい場合は、事前に「プレイ券」を用意して発行・手渡ししましょう。子ども会やPTA関係お祭りはこの方法を取られているところも多いようです。

4 予算はどれくらい?

プレイ回数がなんとなくわかったとします。(たとえば 150回)
そこから1回のプレイ金額を決めましょう。

例)1回100円とした場合は・・・
150回×100円=15000円 の売上げ予測になりますね。
ポイが 150個×15円=2250円 となるので
スーパーボールに使える予算は、15000円ー2250円=12750円です

冨士屋玩具のお勧めは・・・

■ベーシック22mm500個
2600円×1セット= 2600円(すくい用&交換用)
■くまちゃん 27mm 50個
800円×1セット=  800円 (交換用)
■透明ラメ 27mm  50個
800円×1セット=  800円 (交換用)
■マウスフェイス35mm 25個
1000円×1セット= 1000円 (交換用)
■デラックス 32mm 50個
1700円×1セット= 1700円 (交換用)
■金魚フィギュア入45mm 12個
800円×1セット= 800円 (交換用)

上記の総数で、スーパーボール 687個
(交換用として 187個を含む)
スーパーボールの原価が7700円。

全体の原価が ポイ2250円+ボール7700円=9950円。
予想売上は 15000円だから ー9950円で
売上げ利益は 5050円となります。

よくわかんない…!という方は、お電話またはメールください。運営のプロの藤井のおじちゃんが詳しく説明します。

くじ引きで遊びましょう

昭和という昔は 近所に駄菓子屋さんがたくさんありました

その駄菓子屋さんでは 少ないおこずかいでも十分に楽しむことができて

毎日毎日自分一人でも 友達と一緒でもかよっていました また学習塾の帰りや そろばん塾や習字の塾の帰りでも立ち寄っていました

その時に 一番ワクワクしたのが 「くじ引き」でした。「もしかしたら大当たりが出るかもしれない?」と夢見るわけです 大当たりがでたら 日ごろゲットできないようなおもちゃが当たるわけですから とっても嬉しいわけですよ!

 今でも現役のスーパーボールくじ引きです

夢中になると 何回も何回も繰り返ししたものでした

さて・・・近年では そんな駄菓子屋もなくなってしまい そう簡単には「くじ引き」はできなくなってしまいました そう40代の人が駄菓子屋を体験できた最後の世代かもしれません

という訳で 若い人たちや子供たちに 自分たちの体験をしてもらおうと 町内会等のイベントの代表的な 春祭り・夏祭り・秋祭りに開催していただいています

射的遊び

とりあえず 射的で遊んでみましょう

昔からのコルクの弾を使う射的です

打つときに出る「ポン」という音が懐かしく感じる方も多いと思います

的は このような物を用意してみましょう

 ミニミニ消しゴムカプセル

 ミニカーカプセル

 ミニミニスーパーボールカプセル

直径が5cmほどのカプセルなので 比較的簡単な的になるでしょう

実際に売ってみましょう

いかがです?楽しめました? 的を机の上に並べただけでは ちょっと違和感がありますね

では こんな台座を用意して この棚に的を並べてみましょう

【準備中】

ありゃりゃ 先ほどより立体的になって より楽しむことができるようになりました

さあ どんどん的を落として点数を稼いでください

【 第2部 ルール作り 】

一般的には 落ちた的に対して景品と交換するのがルールですね

射的の遊びの楽しさと 面白そうな景品のWの魅力攻撃で子供たちを喜ばせましょう

 

でも それだとたくさん景品を用意しないといけないので予算も大変になります

なので 点数制にしてみましょう

今度は 点数とからませて景品を用意してみます

最初は 平均的な単価の景品をたくさん用意すると

「ああ これだと 僕でも 私でも できそう・・・」と思ってくれますよ

とりあえず このまま「たくさん落ちるかもしれない」と思っていただいて 射的をいうイベントを楽しんでもらうように工夫をします

まあ こんな風に 毎年、企画を立案しています

数人から 数十人のイベントも安心してお問い合わせくださいませ
予算や参加人数に合わせて対応させていただきますし
また イベント開催時間にも合うようにご提案させていただきます
ということで 少しでも気がかりなどございましたら
お気軽にお問合せくださいませ