お正月遊びの景品にぴったり。冨士屋のえんにちセット。

昔遊びのアイテムを得意とする冨士屋玩具には「こんなのできる?」という相談があります。そのひとつが「昔遊びグッズ」の詰め合わせ。そんなこんなで人気のアイテムをえんにちセットとしてご用意しました。

クリックすると拡大します

こちら旅館や民宿の方から引き合いがあります。お正月に宿泊に来られたお客様向けに行う、くじびきや小さなえんにちコーナーでの景品にする方も多いようです。

内容 3アイテム入り
・紙風船
・ピーひょろろ(ストローで吹くと延びるタイプ)
・テーブル相撲(お相撲こまセット)5力士入り

価格
価格は数や量によって勉強させていただきます!

最低注文数
1セットから

アイテムにご希望のある方はご相談のります。
価格とアイテムを組み合わせてオリジナルセットを作ることもできます(#^^#)

ご注文方法
冨士屋玩具までお電話またはメールにてご希望お知らせください。

こま回しの秘訣を教えます。第一弾「ひもかけ」編

初めてこまを手にした時 どうしたらいいかわからないですね

近くに独楽名人やこま回しが得意な人がたくさんいれば問題ないのですが・・・

では 初めてこまを回す時は こういう風にしてみましょう

【 ひもかけの説明 】

(1)こまひもに 結び目を作る 一つは固結び 一方は輪っか結びです

(2)こまの芯に 輪っか結びの輪を通してひっかけます

(3)次に 下の芯にひもを3回かけるのですが とっても強く力を入れてください

(4)ここまで出来たら「おなか」の部分にひもをかけていきます

右ききの人は 時計回りにひもをかけます

左利きの人は時計と反対回りでひもをかけます

するとちょうどのところでひもがなくなるかと思います

(当店では ちょうどになるようにひもの長さを調整して附属しています)

(5)もう一方の結び目がきますので それを小指と薬指の間にひっかけ

こまを親指と人差し指で持ちます

(6)いよいよ 独楽(こま)を回すのですが 右手を振り上げるように構えて

右肩を中心にして振り子のようにこまを送り出します

はじめは ただ単に送り出す感じをつかんください

それだけです それでは繰り返し繰り返し 5回ほど練習してみてくださいね

 

くじ引きで遊びましょう

昭和という昔は 近所に駄菓子屋さんがたくさんありました

その駄菓子屋さんでは 少ないおこずかいでも十分に楽しむことができて

毎日毎日自分一人でも 友達と一緒でもかよっていました また学習塾の帰りや そろばん塾や習字の塾の帰りでも立ち寄っていました

その時に 一番ワクワクしたのが 「くじ引き」でした。「もしかしたら大当たりが出るかもしれない?」と夢見るわけです 大当たりがでたら 日ごろゲットできないようなおもちゃが当たるわけですから とっても嬉しいわけですよ!

 今でも現役のスーパーボールくじ引きです

夢中になると 何回も何回も繰り返ししたものでした

さて・・・近年では そんな駄菓子屋もなくなってしまい そう簡単には「くじ引き」はできなくなってしまいました そう40代の人が駄菓子屋を体験できた最後の世代かもしれません

という訳で 若い人たちや子供たちに 自分たちの体験をしてもらおうと 町内会等のイベントの代表的な 春祭り・夏祭り・秋祭りに開催していただいています